本文へ移動

事業内容

ICT技術の活用

株式会社東豊開発コンサルタントでは、小型無人航空機(ドローン)や3Dレーザースキャナーを積極的に取入れ活用しています。 これまで困難とされてきた危険箇所や災害発生時の現場などの調査を可能にし、空中写真はもちろん、調査や地上計測の補完に有効なツールとして活用しています。
更なる革新的な成果を求め、実証実験を進め測量、設計技術の新たな形として進めています。

1.測量 Survey

高度な測量技術で求められる品質を確保

測量は、社会基盤整備をはじめ、災害や環境対策への調査に重要な役割を果たしています。様々な計測手法から「求められる品質」を確保するための最適手法を選択し、効率的に地理空間情報を取得し提供します。
また、i-Constructionなど最先端技術を積極的に取り入れ、環境の変化を読み、常に技術力を向上させています。

2.土木設計 Civil Engineerring

技術力と経験による安全な土木構造物

地域の人々の生活基盤を支える土木構造物は、第一に安全でなければなりません。技術力と経験をもって、安全かつ耐久性・経済性に富んだ、道路、河川、橋梁などの構造物を提供していきます。また、景観にも調和した構造物を提供していきます。

3.調査・維持管理  Investigation

正確な調査

社会インフラの老朽化が進む中、道路橋などの長寿命化修繕計画を支援するため、点検→診断→措置→記録を行い、適切なメンテナンスサイクルを実施します。

4.災害 Disaster

ICT技術で迅速な対応を

近年の異常気象や災害リスクが高まる中、小型無人航空機(ドローン)や3Dレーザースキャナー等、ICT技術を積極的に取入れ、迅速な対応を実施します。

TOPへ戻る